ボローニャ国際絵本原画展

f:id:ichi375:20210616150556j:plain

入選作品3枚の原画がオンライン上で展示されています。6/17(木)まで。
ぜひこの機会に遠方の方もご高覧ください。
 
~BOLOGNA CHILDREN'S BOOK FAIR~
イタリア北部の古都ボローニャで毎年開催される絵本原画コンクールの入選作品展。
世界最大規模の児童書専門のブックフェアに伴って行われるこのコンクールは、
新人イラストレーターの登竜門としても知られます。
2021年は世界68か国3235組の応募から選ばれた23か国76組の作品が入選しました。
本年は、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、イタリアのブックフェアは中止になりましたが、
期間中、オンラインにて原画の展示、様々なイベントが開催されます。
 
【開催期間】
2021.6/14(月)~6/17(木)
 
【会場】
↓ オンラインのみ開催。閲覧には登録が必要です。(無料)
登録後、"EXHIBITION"の中の"ILLUSTLATIONS EXHIBITION2021"の中にて閲覧できます。
 
今年はイタリア現地での開催は中止になり、オンラインでの開催のみですが、
日本では、下記美術館にて巡回展が開催されます。
2021.7/17(土)~8/15(日) at 板橋区立美術館
2021.8/21()~9/26(at 西宮市大谷記念美術館
2021.12/18(土)~2022.1/23(日) at 太田市美術館
 

白白庵での個展終了しました

f:id:ichi375:20210311125511j:plain

白白庵での個展が終了しました。

今回は緊急事態宣言発令中という事で、オンラインのみの開催となりました。設営にも行けず、全てギャラリーの方にお任せする事になりました。私はどの絵をどこに飾るのかという事も描く事と同じ位楽しみにしているので、(設営も含めて世界観を表現できたらと思っているので)、設営できない事はとても残念でしたが、ギャラリーのスタッフの方がものすごく良い感じに設営してくださり、自分ではこうはいかないなぁという仕上がりでした。勉強になりました!

 

そして、オンラインという事もあり、遠方の方にもご購入いただけたり、ライブ配信で作品についてお話させてもらったり、オンラインならではの楽しみも。そういう意味で私にとってとても貴重な体験となった今回の個展です。インスタでのオンライン配信はアーカイブが残ってますのでご覧いただけます。 ↓

https://www.instagram.com/pakupakuan/

 

ご購入いただいた方、ご尽力いただいたスタッフの皆様、配信を見てくださった方、お気にかけてくださった全ての方に感謝いたします。ありがとうございました。

 

今年は個展の予定は以後ありません。ボローニャ国際絵本原画展での展示のみとなります。(イタリアのボローニャで6月、日本の板橋で7月開催、その後国内数カ所巡回予定)2022年は年明けすぐに1回と後1回位の予定です。今年は絵本の制作頑張りたいなと思っています。

インスタライブ

個展「神様は星空から降ってきた」のオープ二ングイベント、インスタライブに参加します。

明日3/13(土)14:00〜30分程、インスタの白白庵アカウント @pakupakuan より配信されます。 https://www.instagram.com/pakupakuan/

今回はご来場も叶わず、もちろん在廊もできませんが、在廊してるかのような臨場感で作品についてお話できればと思っております。

 

言葉にできないどさくさを絵に描いていますので、その絵を言葉で説明する、というのは、あまり得意ではありませんが、オンライン個展という初の試み、実物を見れなくても少しでも伝わるように努力したいと思います。よろしくお願い致します。

 

個展開催もいよいよ明日から。よろしくお願いします!

 日時 2021年3月13日(土)午前11時 ~ 22日(月)午後7時
 会場 白白庵オンラインショップ 《PAKUPAKUAN.SHOP》 内特設ページ

www.pakupakuan.jp

f:id:ichi375:20210312143007j:plain

 

個展「神様は星空から降ってきた」

f:id:ichi375:20210228105946j:plain

白白庵にて個展を開催します。とはいえ、東京は緊急事態宣言解除がされなかったので、オンラインでの展示となります。予約制のご来場も中止となりました。その代わり、遠方のお客様にも存分に楽しんでいただけるように、スタッフの皆さまが尽力してくださってます。私ももう作品は発送したので、あとはお任せするのみとなり、1お客として楽しみにしているところです。

 

日時 2021年3月13日(土)午前11時 ~ 22日(月)午後7時
会場 白白庵オンラインショップ

《 PAKUPAKUAN.SHOP 》 内特設ページ

↓詳細はこちら

www.pakupakuan.jp

 

個展のタイトルは白白庵のオーナーである石橋さんが付けてくれました。ギャラリーneutronから数えて約20年来のお付き合いです。普段は作品のタイトルでも、私は"神様"という言葉を使う事はないのですが、今回はこのタイトルをいただいた時にすんなりと入ってきて即決となりました。ここで言う"神様"は、特定の宗教を指してのものではなく、山や花や川や星ややおよろずの神様と呼ばれる全てのものという意味での神様です。もっと言えば、それら全ての根底に流れる共通した概念、思い、であると思います。

 

作風は変わってもこの20年、その思いだけは変わらずいつでも制作の根底にありました。今回はその20年分の絵画を中心に、絵本、マトリョーシカこけしなど、これまでの制作の集大成となるようにセレクトしています。小作品はあまり在庫がなかったのでほぼ新作、大きな作品は懐かしいものもたくさんお目見えします。最近は少し絵を描く姿勢にも変化が現れ、絵自体も変わってきたように思います。こんな風に描きたい、ではなく、描く事自体を楽しみたい、と思うようになりました。違う画材、技法など実験的な事を珍しくしています。そういった意味で一つの終わりであり、始まりでもある年だと思っています。

 

先日、2021ボローニャ国際絵本原画展のファイナリストが発表されました。応募を始めてから実に10年程。自分の名前が入選リストにあるのを見たのは初めてでした。こちらもこれで一つの節目となりました。

 

たくさんの人に支えられて今がある事を実感しています。絵を描く事を応援してくれる人たちが幸運にも私の周りにいつもいる。何も恩返しできないままですが、絵を描く事で何か伝えられたら幸いです。

 

日々移り変わり、何もつなぎとめる事はできないし、手に入れたと思っても、指の隙間からいつでもこぼれ落ちてゆく事を歯がゆく思う日々。そんな中で、絵だけはたくさんの瞬間を閉じ込める事ができると信じています。物や風景だけでなく感情までも。そして同じ感情にも色彩にも二度と出会う事はないと思っています。今回の個展で展示する絵もきっと唯一無二であると思います。すでに今描きかけの絵は今までのどの絵とも違う。けれど過去の作品を見れば、その時何を感じていたか瞬時に思い出せる。作品とはそういう装置なのだと思います。作品をご購入いただいた方にとっても、その人の心を揺さぶった大切な何かを日常で忘れかけた時、思い出させる装置となれば幸いです。良き出会いがありますように。飼い猫の里親を探す気分でお待ちしています。(笑)

ニッコーチャリティオークション

ニッコーチャリティオークションに参加します。

https://kyoto-nicco.org

f:id:ichi375:20210217092138j:plain

毎年参加させていただいていて、今年で10年目位になります。

たくさんの作家が参加し、売上金は、ケニア、ヨルダン、インドなど途上国での職業訓練環境保全などを行うための資金に使われます。加えて、昨今ではコロナの影響により悪化する病院などの環境の整備などもされています。

 

今回は、ジークレー(デジタル版画による複製原画)を1点。

「green carpet」を出品しました。

誕生を祝う絵として描いたものです。

全ての国の子供達の健やかな成長を願って。

季節柄、イースターの時期に飾っていただくのも良いかと思います。

明日より開催です。在廊などできませんが、よろしくお願い致します。

f:id:ichi375:20210217092759j:plain

 

 

HUGTIMEブレンドイメージ

f:id:ichi375:20210204110357j:plain

パーフェクトポーションのハグタイムブレンドのイメージイラストに「Left Tear」を起用していただいています。こちら2月のキャンペーンだそうです。

併せて、ブログでもインタビュー載せていただいてます。↓

www.perfectpotion.com.au

 

上記は英文になりますので、下記に日本語版も掲載させていただきます。↓

 

Q1: 小さい頃の夢は?

A: 今も昔も絵描きさん。絵を描く事ができるなら職種は何でも良いと思っていました。あと、椎名誠さんに憧れてモンゴルの草原を馬で駆けたいと思っていた事から、カウガールも夢の一つでした。

 

Q2: 制作する時のインスピレーションの源は?

A: 幼い頃読んだ本

 

Q3: 絵の中で繰り返し取り扱ってるテーマは何ですか?またそれはなぜ?

A: "水"がテーマである事が多いです。涙、雪、氷...様々に形状を変える姿に、人智を越えた不思議な業を感じ、そこに思いを馳せるのが好きです。"家"もよく使いますが、これは心に形があるのなら家の形をしているのかもしれない。という思いから。私自身、家を描く事で心の平安を保っています。

 

Q4: 今回ハグタイムブレンドのイメージイラストに起用された「Left Tear」の制作背景を教えてください。

A: この絵は父が亡くなって4年経った頃に制作しました。人生最大のピンチとも言える悲しみの中で、絵の中で自分自身の涙(悲しみ)を抱きしめる事で自分を救おうとしたのかもしれません。

 

Q5: 制作の助けとなる習慣はありますか?制作過程を教えてください。

A: 制作に行き詰まったら料理する事が多いです。料理をする過程では、野菜の美しさ、香り、味に触れ、感動する瞬間が何度となくあります。心が動く事で再び制作する意欲も湧いてきますし、絵を描く事と料理する事と生きる事は繋がってるという事に改めて立ち返る事で、見失いかけた自分を取り戻す事もできます。

 

Q6: アロマツリー、ピースパフューム、ファイブエレメンツのパッケージ、ハグタイムのポスターなど、いくつかのパーフェクトポーションのアートワークに起用されてきましたが、パーフェクトポーション創始者サルバトーレさんとの関係はどのようにして始まりましたか?

A: 10年程前、パーフェクトポーションが日本に上陸して初めて出店されていた(京都店)文椿ビルヂング内で個展を開催していた所、サルバトーレさんが私の絵を見つけて購入してくださったのが始まりです。

 

Q7: ハグタイムブレンドの香りに初めて触れた時の印象は?

A:なんて色彩豊かな香り!花畑の中で小さな花々に包まれてるような感じ。

 

Q8: 一番お気に入りのパーフェクトポーションの商品は?またなぜそれを選びましたか?

A: "森林浴オイルキット"。このオイルキットは一瞬で私を森へといざなってくれます。私は部屋にいながら森の中で絵を描いてるような体験をする事ができるようになりました。

 

以上がインタビュー全文になります。

 

ハグタイムブレンド、本当に素敵な香りで、最近私は家ではこの香りばかり焚いています。不思議とふんわり優しい空気になります。私の絵は悲しそうな感じですが、そんな悲しみも丸ごと抱きしめてくれるような包容力のある香りです。この絵を描いた頃にこの香りに出会っていたらきっと救われただろうなぁと想像します。どんな心情にも寄り添ってくれる素敵な香り。ぜひお試しください。

個展終了しました

f:id:ichi375:20201220141522j:plain

↑写真撮影はnullfotohausさん

www.nullfotohaus.com

ホホホ座での個展「日々の星屑」が終了しました。

寒い中、コロナもある中、ご来場いただきありがとうございました。

またSNSでの告知やコメントなど、お気遣いいただいた皆様へ感謝致します。

 

今回の個展は今年2月に決まりました。

一度、5月頃にコロナもあるのでやめておこうかなと相談した所、

店長さんが「私のペースで無理のない範囲で」とおっしゃってくださり、

その言葉に背中を押されて決行に至りました。

 

私が制作を続けてこれた中で、なくてはならなかった出会いがいくつもありますが、ホホホ座さんもそんな大切なお店の一つです。まだ自作絵本を置いてもらえるお店がなかった頃、即決で置いてくださったガケ書房さん。(ホホホ座になる前のお店)何軒も断られて心折れていた時に、どれだけ励みになったかしれません。私以外にもたくさんの作家さんが、ガケ書房という他に類を見ない独創的で懐の深い書店に救われた事でしょう。そんなホホホ座さんで、おつきあいが長いのに意外にも初の個展ができて感無量でした。冬の絵が多いので、雪降る季節にできた事も嬉しかったです。

 

お気に入りの本屋さんという存在が、町のどこかにあるというだけで私は嬉しくなります。なんでも便利にネットでも買える時代ですが、足を運んで実際に見る事で、目的とは違う本に出会えるのも魅力です。そしてホホホ座さんは独自の視点で選ばれた稀な本屋さんなので、尚更出会いはドラマチックです。

 

制作の源はどこから湧いて来ますか?と聞かれたら、私はいつも立ち読みしてる時、と答えます。脳が活発に動くのはリラックスしてる時らしいのですが、どうやら私は本屋にいる時に最もリラックスしてるようです。温泉にでも行くような気分で心と脳のリフレッシュをしに本屋さんへ行く。オススメです!

 

f:id:ichi375:20201218122055j:plain

↑期間中大人気だったルミマクさんのお菓子は個展終了後も販売継続される予定です。

lumimaku.thebase.in

 

 

ホホホ座↓(今回展示したのは浄土寺店の店内壁面スペースです)

hohohoza.com